シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分はいつまでも若いつもりでいても、若者からはそうは見られていない。。。らしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

木更津の九州ラーメン屋さん。
九州ラーメン友理のまささんです。

ボクは今年43歳ですが。

気持ちと見た目は年齢よりは若く見られてるんじゃないかなぁ〜って思っています。

は?何いってんの?まんまだけど?

って思ってる方は今日の話はココでおしまい(笑)。

例えば。。。

10952467_822053987879392_7754590674481406294_n

モヤシの箱を突きで破壊したり。

11377309_838716229546501_7634427673616548031_n

モヤシダンベル上げたり。

10421483_853091198109004_8650944620505954166_n

モヤシカートでGoGo!したり。

結構、若いと思ってます←え

10代20代が多い職場でも、話は通じてると思ってます。

しかも、どのように伝えれば的確に伝わるのか?効率よく伝わって、効率よく動いてくれるのか?などなど…いっつも考えているので、スタッフのバイトのみんなとはコミュニケーションを取りながら、何が好きなのか?今何を楽しいと思ってるのか?などなど…人によって違う対応を心がけ、その人にマッチした指導の仕方なども考えているのです。

なので、仕事以外の会話でも映画の話や、音楽の話、ゲームの話(しないけど)の話など結構雑談も盛り上がっちゃうんです。

最近入ってきた15歳の男の子のアルバイトくん。

とっても真面目(に見える)だし、返事も「ハイ!ハイ!」ってしてくれる。低姿勢でお客さまのご注文も聞けるし、お辞儀もできる。そんなんだから仕事もどんどん覚えてくれて、「最近の若者」にしては珍しくよく出来る男の子です。今のところ。

しかし、この男の子にボクの指示が伝わらない。

自分でも、普通に喋ってるだけなのに「怒ってるみたい」って思われることだって知ってるし、喋らなくても目が怖いとか思われるのも知ってる。居るだけで威圧感があるとかよく言われる事も重々承知。

だから、充分に気をつけて、コトバも柔らかく話し方も優しくお願いしてます。

すると元気よく

「ハイ!」

って、返事してくれます。

「よかった♡通じた。」って思って、しばらくして確認すると…アレレ?やってない。

「あれ?◯◯くん。さっきお願いしたコレ。。。。。」

「え?あ、どうすれば….。」

最初は理解してなかったんだ。って思ったけど、同様な事が数回。

さすがにコレは注意の対象だな〜って思って、

「もし、言ってる事がわかんなかったらその時点で聞いてね。」
「ハイ!ってお返事したら理解したのだと思っちゃうからね。」

って、少しだけ指導すると。

「ハイ!」って

(↑コレはどっちなん?って思ったけど、ココはツッコミ入れず。)

その後も注意深く見てますが、まだまだ微妙に通じてないみたいなんです。

でも、伝えるべき事は伝えないといけない。

ではどうするか?

そこで思い出したのは昔読んだ本。

題名は忘れたけど(←おいっ!)その本にこう書いてあった。

人間15歳離れたら話が通じないと思え。

やっぱりそうなんだ。

年齢が離れてるからなんだ。

彼とはまだまだ関係性が深くない。ましてや人生初めてのアルバイト。

だから、大事な指示とはいえ年齢が28歳も(マジかよ!)離れてる人の話は耳に入ってない可能性が高い。

しかも、なんかまささん怖い(笑)。

そうだ、校長先生だ(そんなジジイじゃないけど)

確かに自分が学生の頃、校長先生のお話ってワケわかんなかった。早く集会終わんないかなぁ〜って思ってました。(あなたもそうでしょ?)

15歳の彼との関係性は今まさにコレ。

これから関係性が深まれば話は通じるかもしれないけど、今は何を言っても通じないと思っていた方がいいみたい。

では、彼に指示する場合はどうすればいいか?

簡単です。

彼に年齢の近い先輩スタッフに伝え、代わりに指示してもらう。

11188393_830584267026364_8747437537913062219_n

全く同じ内容でも、ボクが言うのと年齢の近いアニキ的人物が言うのとでは伝わり方が全然違うみたいです。

実際、代わりに指示してもらった方が効率よく伝わってるみたい。

そうと判れば気持ちは楽です。

ことごとく先輩スタッフくんに伝えてもらおう。そして少しづつ、ボクへの免疫力を付けてもらおう(笑)。

ただ唯一心配なのが….

ボクと先輩スタッフくんとも25歳くらい年齢が離れているって事です!

いつまでも若くいよう!

ではまた。