シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフトしてみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

木更津の九州ラーメン屋さん。
九州ラーメン友理のまささんです。

最近「リフト」してますか?

してないでしょ?

そうそう案外忘れやすいリフト。Facebookで誰かの投稿を見て「あ、忘れてた。今度アレやろ〜」なんて思い出したりして。

なので

リフトのススメ。

ボクが考えるリフトには大きく分けて2種類あります。

1.自分目線リフト

いわゆる食べる人目線のリフトです。これならいつでも出来ますよね。

例えばこんな感じ。

10298913_667154796667164_1343791719609390767_n

ナイスリフトーーーーーーーーーーーー!(コメントの定番です)

しかもハイリフトーーーー!(高さのあるリフトね)

皿うどんでもできちゃいます。

10750118_755686457813997_2351565858334936352_o

皿うどん太麺 ↑

10653678_748360178546625_421975857446966477_n

皿うどん細麺 ↑

このリフト写真のいいところは、

・今まさに食べるところ…という臨場感溢れる感じを演出。

・つい見てる人が食べたくなる。(口を開けたくなる)

・素材、材料の感じを伝える事ができる。

・最初に食べる前の写真を撮り忘れても撮れる。

リフトした麺のどアップ具合や出てくる湯気で臨場感を演出。

リフトすれば、友理のラーメンの麺の感じってこんな感じなんだ。皿うどん太麺はこんな太さなんだ。細麺は揚げ麺なんだね。ってのが見てる人に情報として伝える事ができます。

2.他人目線リフト

いわゆるリフトしてるところを撮ってもらう事。
友達やご家族と食べにいらした時に是非やって頂きたいリフトです。

例えば、

1276902_568586973190614_2137517584_o

一世を風靡した小路ファミリーの「ファミリーリフト」

この写真はしばらく店頭に飾らせてもらってました。
奥さん曰く、
「友理で写真見たよ」って結構言われたそうです。

10981921_797507893631853_7103913273043372047_n

こちらも伝説の写真となった1枚。いつ見ても昭和感漂います(笑)。
そういえばあの動画でも登場してましたね。→あの動画

更に、

10991247_791824757533500_8929267013454689421_n

こちらは石川商店社長さま、爽やかな赤ら顔で(笑)見事なリフトです。

このリフトのいいところは、
上記の自分目線リフトのいいところの要素を含みつつ、

楽しそう

これに尽きます。

このラーメンはもちろん、このお店に対して「気に入ってる」って証拠。じゃないとこんなに笑顔で楽しそうに写真撮られないですよ。
この他人目線リフトの写真がたくさん見れるお店は、人気があるお店だと思うなぁ。友理さんもまだまだやな〜。

以上、大きく分けて2つのリフトがある事をお伝えしました。

皆さんもやってみたくなったでしょ?

あ、

せっかくなのでボクが感じた「高度なリフト」をご紹介します。

10943701_782300275152615_8474396516928193775_n

ナイスハイリフトーーーーー!

そして、背景に店内の様子を入れてみる!
後ろに他のお客さまやお友達が入るととっても楽しい写真になります。

1044347_545293042264829_3889362072864428625_n

背景にまささんーーーーーー!

これはかなり高度!(笑)。
チャレンジャー求む。

1271389_564911690224809_2005440057_o

ギョーザ、デカっ!

ってツッコミ入れたくなる1枚。
遠近法を使ってやってみましょう。

食べ物で遊ぶなっ!って言われてしまったらそれでオシマイ。特に言い返そうとは思いません。やって下さいっと言ってるのではなく、あくまでも提案のひとつです。

でもほんのちょっとだけ、工夫してパチリ。
それだけで、おいしさやた楽しさの伝わり方って随分違います。
その写真をSNSにアップすると、お友達の反応もいつもよりいいかもしれませんよ。

あ!もちろん

撮ったらまず食べる。

食べ終わってから、SNSにアップ。

これは、ボクからのお願いです。

ではでは。

皆さんの楽しい写真を、楽しみにしていま〜す。