シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べきれなかった場合はお持ち帰りできます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

せっかく友理に来たなら、アレもコレも食べたい!

こんな嬉しいお言葉を耳にすることもあります。

でも、だからって食べられない量を注文しちゃダメ。あ、ダメって言ってごめんなさい。でもそうでしょ?

適度な量を注文して下さい。

もちろん、お店としてお腹いっぱいになってお帰りになって頂きたいですし、たくさんご注文下されば、その分売上がアップアップ!イエイイエイ!ってなります。でも、

「ごめんね。おいしいんだけど、食べきれなかった」とひと言をいただいて、

「はい、大丈夫ですよ〜」って言いながらも、やっぱりちょっとだけ残念な気持ちになるもんです。

それにやっぱりみんな日本人。

食べ残すのは「もったいない」って気持ちが少しはありますでしょ?

食べ残す=もったいない

もったいない=申し訳ない

申し訳ない=目を合わせられない

目を合わせられない=お店に足が遠のく

少なからず、こういう意識になってしまうもんです。日本人って、相手の気持ちを思うこのとのできる優しい民族ですもんね。

また、「お腹いっぱい!もう食べられない!大満足!」って気持ちになると、どうです?

例えば、ボクがたま〜に焼き肉を食べ過ぎなくらいお腹いっぱい食べた時は「しばらく焼き肉は食べなくてもいいなぁ〜」って気持ちになります。同様に、「しばらく友理に来なくていいなぁ〜」って気持ちになってしまわれては困ります(笑)。

なので、ご注文は食べられる量を注文しましょう!

「余計なお世話だよ!」

おっしゃる通りかもしれません。

でも、お店側の人間としては、長くお店をご利用して頂きたいので、正直にこんな気持ちになります。

あ、でも!

どーーーーーーーーーしても食べきれなかった!

こんな時は、遠慮無くスタッフにお申し付け下さい。

こちらで容器にお包み致します。


スープのあるラーメンとかちゃんぽんはできませんが、ホルモン焼や焼きめし、皿うどんなどはお持ち帰りできます。

お家でも友理を食べて頂けるんですから、喜んでお包みします。

どうぞ遠慮なく。

IMG_6652

中には、最初からお持ち帰りするつもりで、少しだけお店で食べたいって方もいらっしゃるでしょう。そんな場合も遠慮なくお申し付け下さい。

ただ、やっぱり。

ラーメンでいいのにチャーシューメンにするとか、

普通でいいのに大盛にしちゃうとか、

ラーメンとちゃんぽんひとりで食べちゃうとか….

やっぱり無理はいけません。

無理せず、「また今度」の気持ちで、どうか末永くご利用下さると大変嬉しく思います。

以前も似たようなことを書いてました。

<減らす提案をすることも必要かな?>

あんまりいない?こんなこと言うお店の人(笑)。でも正直な気持ちだもんね。

ではではまた。