シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔を誘うPOP作り(実践編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

笑顔を誘うPOP作り(苦悩編)

笑顔を誘うPOP作り(優しい気持ち編)

に、つづく第3話。

愛知県豊橋市の胡蝶蘭王子ひろき♡(@haruri1002)からの愛を受け取ったボクです。

せっかくひろき♡のスタッフさんが作ってくれたPOP素材、これを友理で有効利用することが1番の恩返しであろう。豊橋市から遠く離れた木更津市、たぶん木更津なんて来たことないだろう。もしかしたら千葉県すら…ディズニーランドにしか来たことないかもしれない…(笑)。

そんなどこだかわからないところで、自分の描いた絵がPOPとして使われる。。。。この不可思議感を是非味わって欲しい!

と、いうわけで早速実践です。

写真満載でイキますよ!

①頂いたラミネート加工された素材を自宅でカラーコピー。

12241397_916701281747995_4100006808029493528_n

②イラストを切り取って。

12250038_916701291747994_2707931985595720952_n

③ラミネートフィルムに挟みます。

素材同士を適度に離すのがコツ。

12247180_916701305081326_8263691529533637673_n

④ラミネート加工します。

12249567_916701311747992_3528541332248563954_n

こんな感じ。

12227702_916701321747991_7312729163342402772_n

絵ギリギリじゃなくて、白い余白を残すのが好きな感じです。

さて、このラミネート加工したものを切り取って、いよいよ店内のに貼ってイキます。

まずは、既存の店内POPにこの素材を貼ってみます。

この定番のお持ち帰りのメニュー表。

12249824_916696985081758_806330623360464586_n

一応ボクなりに目を惹くデザインにはしてるつもりだけど、やっぱり味気ないし、お知らせするだけの役割になってる。もちろん、ないよりはいいんですよ。

このメニュー表にあのPOP素材をプラスしてみると….

12243481_916696998415090_3465816291139339575_n

吹き出しも付け加えて、

「(ご家庭の)夕食のおかずに1品オススメです!」

いつも利用してると思われる主婦目線のひと言。

「うん、確かに!。(サボりたい時もあるし!)今度電話しちゃおうかしら?」って頭の中でつぶやいちゃう方もいるかもしれません。

続いて、これはこれで好評だったこのPOP。

12219449_916696978415092_7151593639193360052_n

実はこのPOPは店内の1ヶ所だけ貼ってあるんです。このPOPが貼ってあるテーブルだけ高菜の売上がハンパないという。これだけでもかなり頑張ってくれてます。

これにもあのPOP素材を加えると…

12241592_916696991748424_1001426563925202924_n

これもついつい主婦目線になっちゃうんだけど(笑)。息子さんの部活のお弁当に友理の高菜おにぎり。元のPOPにも一文書いてあるけど、ママのひと言の方が共感します。無邪気な笑顔でVサインが目を惹きますよね。

さらに、こちらも。

12219434_916696965081760_1635335740350182316_n

ひらめいた!って表情の女性の絵を見てたら思いついた吹き出しのひと言。

どうしようアイデアが止まんないよ!ひろき♡(笑)

POP素材の表情を見ただけで、今まで思いつかなかったひと言が頭に浮かんできます。

コレは新発見。

いつもはキャッチフレーズありき。訴えたいひと言を思いついてからいろいろとPOPを考えるんだけど、最初から表情のついたPOP素材があると、この表情に合わせた「ひと言」が頭に浮かんできます。

まずは絵。表情ありきで考えると、お客さま目線でのひと言が思い浮かぶのかもしれません。

先にいろいろな表情のPOP素材を作っておくのも、ひとつのやり方かもしれませんよね。

これは益々頂いたPOP素材の有り難みが増してきます。

さて、笑顔を誘うPOP作り(苦悩編)の中でも出てきたあのPOP。

12196192_915837781834345_4452236131300632270_n

これも同様にPOP素材を加えて、よりキャッチーにしてみましょう。

入り口に貼るタイプのPOPなので、更に目線を集めるタイプじゃないといけません。

こんな感じになりました。

12243126_916085775142879_6081401562577400538_n

猫プラス!(笑)。

すごはんの要素バッチリ活かされてます。

入り口に貼るとこんな感じに。

12235114_916085785142878_618017552692875294_n

いいでしょ〜。

ボクの顔がクドい以外はとってもいいでしょ?

以上。

いかがでしょうか?

いかにも男性的だった友理のPOPが、主婦目線の表情とひと言が加わっただけで、ガラリと雰囲気が変わりました。

伝えるだけだったPOPが、

共感を呼ぶPOP、笑顔を誘うPOPに変身したんです。

これは多くのお客さまの目を惹くことは間違いありません。ご注文の数量が増えたらなおさらスゴイ。

みんなほんとにありがとう。

恐らくズルズルとまだまだ作らなかったであろうPOP。

SNSでのみんなの投稿による気づき、刺激を得て、そして突然の郵便物のおかげで創作意欲に火が付き、ここまで作ることができました。

今回気がついたことは、やろうと思った事が明確になると、ちょっとした時間(ご注文の合間とか)にもちゃちゃっと作れちゃうこと。ゼロからいろいろと考えているうちに時間が過ぎていったこれまでと違い、表情から思いついた吹き出しのひと言が思い浮かぶと、不思議と短い時間で作れちゃうもんなんですね。

これからももちろん、あの素材をバンバン活用していきます。そして更に、もっと「個」を出して写真なんかも使っていきたいって意欲も出てきました。

同時に、今回ボクが刺激を受けた皆さんはことごとくSNSで出会った人たち(オコメン以外)。

速攻実践したHAPPY SUGARのウチーコも、

なぜかモナリザを描いたナステビュウ湯の山のしのぶちゃんも、

いつも明るい頑張り屋さんの動物病院の看護師アキーコも、

網走番外地のでんき屋さんしのぶさんも、

そしてそして胡蝶蘭王子ひろき♡も、もちろんこのPOP素材を作ったスタッフさんも、

ボクは誰とも会ったことない。

会ったこともない人たちから勝手に刺激を受けて、そして更にはありがたいお手紙付きでPOP素材まで頂いちゃうなんて、ハンパないですよね。

改めてSNSの素晴らしさも感じたエピソードでした。

是非、直接友理に来て、全国の友達の思いがこもったPOPを見てください。

ではではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする