シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改めて感じたブログを書く意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

先日お客さまから声をかけられた。

「まささんですよね?」

-はい、間違いないなくボクです。

「この前、まささんのブログ読んでcafe GROVEに行ってきました。すごく雰囲気良かったです!」

ボクの頭の中のお客さまリスト(笑)にはない、いわゆる初めてご来店のお客さまだった。聞くと遠く千葉市からいらっしゃったとのこと。ボクは素直に嬉しかったのでその後、数分だったけどcafe GROVEの話で盛り上がったワケです。

そのブログはこちら↓
富津市の「cafe GROVE」には素敵な空気が流れています。

これって、よくよく考えたらスゴイことだな〜って感じたのです。

ラーメン屋さんの調理担当の人間が書いた(ラーメンではなくw)カフェの記事を見て、実際にそのカフェに行き、そして更に書いた本人のラーメン屋さんに食べに来ちゃう。

12038061_893964984021625_3195745772177795259_n

ハマちゃん。

ボクはcafe GROVEのマスターハマちゃんと友達だし、その時は定休日だったのにボクたちの為にお店を開けてくれたハマちゃんに感謝の意味を込めて、本気で書いたブログ。そのブログに興味を持ってくれたなんて、自分のお店のことを書いた以上に嬉しい気持ちなのです。

11148599_824250334326424_1570543877528685447_n

(注)この人はハマちゃんではありません。

もしですよ。

ボクが美容師だったら。。。

10906241_762692657148859_8452584105903245790_n

いません。こんな美容師(笑)。

お休みの日や、お店の近くでよくランチに行くお店、営業後にスタッフと食べに行くお店の記事を本気で書いたとします。

例えばイタリアン。

木更津市とか、房総地区とかでイタリアンのお店…ってインターネットで検索した時に、ボクの書いたブログがヒットして、そのブログを読んでイタリアンのお店に行ったとしたら…

美容師としての記事以外だけど、ブログに興味をもってくれて、美容師のことにも興味を持ってくれて、ついにはカットの予約を入れてしまった。

こんなストーリーもあり得るかもですよね?

もし来てくれたら、イタリアンのお店の話で盛り上がることができるし、もし技術やお店の雰囲気を気に入ってくれたら、これから関係性を続けることができる。

お店をやってる者として、自分の商売のことを書くのが基本。

お客さまのお役にたてることや、仕事に対する思いを書くのが本来の姿。

でも、こうして他のお店、商売、イベントなどの記事を書くことも時には重要だなぁ〜と感じたエピソードでした。

ここのところ高菜の騒動(笑)で、嬉しい事にブログを書いてくれたみんな。

◎ガタニイのウチコ

まささんのタカーナは明日が楽しみになる魔法のタカーナ!!

ひよこクチ(笑)。

◎尾道の美穂さん

胸の高菜りが止まらない、ヒミツのたかーなが尾道上陸!千葉県木更津市『九州ラーメン友理』kara幻の高菜がやってきた!Vol.1

Vol.1って(笑)。

◎オコメン

「突撃!うちのごはん」VOL.3(このコーナーまだ継続してます!)

この3つは必ず見てね。

他にもあったかも?

そういう意味でも(どういう意味?)こうしてブログを書いてくれるってとても嬉しいし、それぞれのブログを読んだ人は書いた本人に興味を持つかもしれないし、更に商売に繋がるかもしれない。

書けば書くほど財産になると言われるブログ。

書くことないなぁ〜って悩んでるなら、一度お店以外のことを書いてみるのもいいかもね。

かもねかもね、そうかもね。

って、ブログ書いて1年足らずのひよっこが偉そうなことを言う記事ですた。

ではではまた。

このキャンペーンの事もブログでかいてね。

房総コラボキャンペーン2016参加店募集中!

参加締め切りは2015年11月25日!

詳しくは、こちらから↓

いよいよ「房総コラボキャンペーン」の参加店募集開始します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする