シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】ギョーザを焼く鉄板に穴が空きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

へぇ〜

「穴があく」の時の「あく」は、

「空く」なんですね。

ボクは「開く」かと思ってました。向こう側が見えるしね。

ひとつ勉強になったな。

って、デジャヴかよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

実は、先日現在のお店が開店当初から使用していたギョーザを焼く鉄板に穴が空きました。

あ、いや、もう随分前から空いてました。

12348115_924803487604441_7969189835573657030_n

もう、いろんな「カス」がこびりついてます。でも、この使い込んだ感じがいい焼き加減を生み出すんです。

実は何個も穴が空いてて、アルミホイルやネジとかで塞いでます。

それをだましだまし使い続けてましたが、ここのところ塞ぎ切れないほどになってきたので、とうとう新品を発注しました。

長年。

ん?何年になるんだろう?

ええーーっと。

たぶん15年くらい使用したことになるんですかね。

長年頑張ってくれました。

12310592_924803470937776_8688895381882836392_n

なんか寂しい…..

でも、気持ちを切り替えて新品です。

12295241_924803504271106_1925761179193452623_n

手前が新品。

なんとこれまでと違って色が「シルバー」でビックリ!

新品は油がなじまないので、最初は大変なんです。とはいえ15年ぶりですから、社長直々に手を出してきました。

12345448_924803514271105_6794101386457378140_n

焼きを入れて、油を引いて、また焼いて。

こすって洗って。

これを何度か繰り返します。

12342588_924803527604437_6534234798103951065_n

老けたなぁ〜(笑) 大丈夫かな?(笑)

そんなこんなで一応、準備終了。

でもしっかりとギョーザが焼けるかが心配。

そんな社長直々に焼きおろした新しい鉄板で焼いたギョーザはこちら。

12316406_924803544271102_5999157778293505053_n

う、おいしそう♡

うん!OK!

問題なし!

新品の鉄板が心配だったのか?社長で大丈夫なのかと心配だったのか?はどっちでもいいけど、とにかく問題なく焼けてます。

と、いうことでこのブログを見た方は「新しい鉄板で焼いてんだぜ」「鉄板って穴が空くらしいよ」とか、「穴があくのあくは空くなんだぜ」などと、裏情報を自慢するも良しですので(笑)。

とにかく、これまでと変わらず。

ギョーザの注文してね〜〜〜。

鉄板に穴が空いたこととか知らなくてもいいよーーーーー!

ではではまた。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

今回は新しいルールで楽しめます!

房総コラボキャンペーン2016

Facebookページはこちら→ https://www.facebook.com/bosokorabo

Twitterはこちら→ https://twitter.com/bosokorabo

開催日時:2016年3月〜4月(予定)