シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの投稿が来店に繋がった3つの例ーその③

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

Facebookの投稿が来店に繋がった3つの例ーその③

まずはこの投稿を見て下さい。

今回のポイントは「顔」

だって、Facebook(顔 本)ですもんね。

ただ顔を写したこの投稿を見て、ご来店して下さった例をご紹介します。

お客さまにあなたの「顔」を覚えてもらってますでしょうか?
あなたの顔を見たら、あなたのご商売を思い出してもらえてるでしょうか?

顔を覚えてもらうって、かなりのアドバンテージですよね。
だって、顔見ただけで

「あ、そうそうあのサンドイッチ、また買いにいくわ〜」
「この間のお刺し身すごくおいしかったわよ。またお願いね」
「そろそろ伸びてきたから、またカットお願いするわ。カラーもしようかしら」

ってな感じで(←なぜか主婦っぽい設定ww)
商売に繋がる可能性だってある。

お店の顔

ボクのお店【九州ラーメン友理】の「顔」といえば、そう親父です。父親。
昭和45年から同じ場所で商売してるんですから、そりゃそうです。

あの顔を見ると、「友理に行きたくなる」「ラーメン食べたくなる」ってお客さまは今でも多いです。
現にたまにお店のFacebookページに親父の写真を投稿すると、同様のコメントが多いですもんね。

目指すはアレなんです。

顔見ただけ、声を聞いただけ、そんな事で自分の商売、商品を思い出してもらえるようにならねば…と考えてます。

そして今やソーシャルメディアの時代。
リアルに会わずとも、みなさんのスマホで「お会い」できます。
ならば、適度に(←ココ案外大事)顔を出した方がいいに決まってます。
あなたがご商売されてるならね。

Facebookの投稿は意識して顔出ししています。

「顔を覚えてもらう」って事に関して、Facebookはとても良いシステムだと思うのです。
お友達になってる方はご存知かと思いますが、ボクはかなりの顔出し率です(笑)
前回の記事(Facebookの投稿が来店に繋がった3つの例ーその②)でも出てますが、モヤシを担いだり、朝の仕込みで高菜を切っていたり、はたまた仕事終わりにアイスを食べていたり(笑)….様々なシーンで顔出しして投稿しています。

毎週月曜日は、ザクザクDAY!

毎週月曜日は、ザクザクDAY!

そんな投稿するとどうでしょう。

実際食べにいらした時に、何故かニコニコ。

そう、いつも見ているから。
みなさん、ボクに親近感湧きまくりなんです。

タイミング良ければ、話しかけてもらったり。
「今朝の高菜の写真見たから来ちゃったよ」なんてね。

調理してる人が見える。
もっと言うと、調理してる人の人柄が見えてくる。

そんな事、ありませんか?

最近は、生産者の方の写真入りのお米や野菜が販売されていると聞きます。

調理してる人が見えるとどうなるか?

安心感

信頼感

生まれてきません?生まれてなかったら、ボクの努力不足か、人相が悪いかですね(笑)

チョコモナカジャンボ大好き!

チョコモナカジャンボ大好き!

会いにいけるアイドル

へ?誰が?(笑)

ウチにはAKB48はいませんが、AKB48級の笑顔のスタッフはいます。

でも、なんか通じるところありませんか?

Facebookでいつも見ている顔、
自分のスマホで、いつもモヤシ担いでるヒト、
アイスばっかり食べてるヒト、
そしてなぜだか「いいね!」の数が、多いヒト。

そんなヒトがお店に来ると調理してるワケです。
「いらっしゃいませ!」と声をかけてくるワケです。

ソーシャルメディア以前には作り得なかった関係性ができている、そんな気がするのはボクだけでしょうか?

もちろん、顔を出す事で批判される事もあるでしょう。
しかし、顔を出すメリットの方がよっぽど多い様な気がします。

さて、冒頭の投稿。
この日は朝の仕込みが多くてスマホ見るのもままならず、
開店直前に写真撮って、言葉少なめに急いで投稿。

そんなバタバタの投稿を見てご来店下さったのは、
木更津市で個人サロンオーナーをされているTomoccoさん。

この投稿を見て、食べに行くのを決めました!

そんなコメントも頂きました。



て、

彼女の自撮りはとても上手い。

彼女の自撮りはとても上手い。

こんな嬉しい写真をFacebookに投稿してくれました。

そんな彼女も、顔出し上手。

Tomoccoさんのサロンページはこちら→Total Beauty Care Salon Tomottie

伝わってますでしょうか?

顔を出すと、 特別な感情が芽生える♡

そう感じずにはいられない。今日このごろです。

では。