シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新玉ねぎが嫌いだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

この時期になるとやってくるアイツ….

できれば忙しいゴールデンウィークは避けて欲しい。

関係各所に声かけて、アイツが入って来ないように手を回し。

なるべく避けて避けて…..やって来ましたが、とうとうやってきてしまいました。

コイツ。

13177115_1015821521835970_6800737849918639540_n

そうなんです。

新玉ねぎ。

ボクはこの新玉ねぎが大嫌い。

あ、食べられないということじゃなくて、調理が難しいから大嫌いなのです。

やたら白くて、水分が多い。
そして、甘いんですよね。生では。

オニオンスライスなど、生でサラダとして食べるなら、辛みの無い、甘いオニオンスライスとして食べられるでしょう。

でも、煮込みには向いてません。

火を通せば通すほど、水分が出てきてしまう。

水分出てきちゃうと、甘さも出て行ってしまいます。

なので、

ちゃんぽんや皿うどんの調理は、この時期とても神経を使うのです。

炒めて味付けして煮込む、それぞれのタイミングがホントに難しい。

しっかり炒めてから煮込まないと甘味は出てこない。

しかし、煮込み過ぎるとスープが煮詰まってしまい、辛くなってしまう。

「いつもの味」のストライクゾーンがとても狭いんですよね。

加えて、身は柔らかいくせに、意外と形が崩れない。

同じ量を使用して、火を通しても新玉ねぎだけ形が崩れないから、盛り付けもひと苦労。

先日来てくれた千葉県香取郡多古町にあるラーメン屋さん。

みんなのらぁめんバンブー佐藤 のりてぃんもこんなキャプションを付けて投稿してくれました。

13230187_1015833848501404_868334318183879707_n

いつも通りなんだけど、若干モリモリしちゃってます。

初めて見る人は、ヤヴァすって思っちゃうよね。

同じく、先日北海道からやってきたサキーコが撮ってくれたちゃんぽんもモリモリ感がハンパない。

13240580_1015825741835548_956113373794948119_n

新玉ねぎの存在感ありまくりなのわかります?

キャベツはヘタってるのに、新玉ねぎだけはモリモリしてるでしょ?

それでも、お客さまにはいつものちゃんぽんをお出しできるように、狭いストライクゾーンを見極める為、いつも以上に神経使うんですよね。ああ見えて。

13076621_992899320759375_6927593582773615028_n

これでも神経使ってます(笑)。

そんなこんなで、新鮮みずみずしくて甘い新玉ねぎは、ちゃんぽんや皿うどんの調理には意外と厄介なんですよ〜。

そんな嘆きを書かせて頂いた次第です。

ではではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする