シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2人で分けて食べてもいいんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

父親は今年72歳になりました。

ええ、あの社長のことです。

この付近の年代の方々には、九州から移住してきた第一世代の方々が多い木更津、君津地域です。北九州にあった八幡製鐵所から、新日鐵君津(当時)の新規創設の為にやって来て、その後の発展の基礎を築いた、とっても尊敬すべき世代です。

わが九州ラーメン友理は、そんな九州からやって来た皆さんに育てて頂き、今日があると言っても過言ではありません。

余談ですが、

九州からやって来た時には、房総の地元の皆さんから「九州の田舎からやって来て、慣れない土地で大変でしょう」と声をかけられることが多かったとのこと。しかし、当時は九州の方が大都会。房総の人は「東京に近い」という魔法で、北九州、福岡の方が都会だということを知らなかったようです。

そんな世代の皆さんは、やはりプライド高き九州男児。新日鐵を支え、日本の高度経済成長を支えた気概があるのでしょう。

若い頃は、ラーメンと焼きめし。ビールとギョーザとホルモン食べてから最後にラーメン。ちゃんぽんなら大盛、、、、と、友理に来たらお腹いっぱい、満腹満腹で帰っていったものでした。(ボクも子供の頃、お仕事帰りの皆さんがたくさん食べているのを見た記憶があります。)

14068065_1055760507806589_7189994863555745352_n

↑ どどーんとちゃんぽん大盛。

しかし、世は流れて、、恐らく食も細くなったハズ。

ボクが「あのテーブルのおじさん」と説明すると、アルバイトたちには「あ、あのおじいちゃんですね。」って言われるくらい ” おじいちゃん化 “してるみたいです。

でも、かのプライド高き九州男児。

「友理に来た時には、ちゃんぽん大盛ばい!」って感じでご注文頂くんですけど、もはや全部食べられるチカラはない。でも、残すことはプライドが許さない。無理して食べる。(お父さん、もうやめときなさいって奥さんに注意されるw)でも、なんとか食べきる。

お腹いっぱい。

お腹いっぱい過ぎる。

しばらく、ちゃんぽんはいらないかな…

ってなる。

友理から足が遠のく。

しばらく顔を見なくなる。

久しぶりにちゃんぽん食べたくなる。

でも、久しぶりに来てくれた時には、随分おじいちゃんになってる。

コレ、マジでリアルだわ〜(苦笑)

ね、だからもう大盛とか止めときましょう。

むしろ、ご夫婦でちゃんぽんひとつを分けて食べてもいいくらい。

あ、昔そんなブログを書いたな。

いいと思ったらシェア(笑)。(分けあって食べるのもアリです)

お野菜たくさん採れるし、やわらかい味わいが好きだったから、そして何よりも、他ではちゃんぽん食べられないからといってずっと、友理ではちゃんぽんをご注文下さったご年配の皆さん。ちゃんぽんは、元々腹をすかせた学生の為に作られたもの。満腹になって当然なのです。キッツキツでちゃんぽん食べるなら、ラーメンに切り替えてもいいのでは〜って思うのです。(ずっと同じものを注文するのも九州人の特徴なのかな?)

ボクなんかラーメンでも満腹ですw

食べすぎて、しばらく足が遠のくのなら、大盛じゃなく普通にしたり、ちゃんぽんからラーメンに切り替えたり、ご夫婦でいらしてひとつのちゃんぽんを分け合って食べたり。

若い頃を思い出してご注文したくなる気持ちもわかりますが、ここはどうかひとつ、腹八分目で抑えてはいかがでしょうか?

そして、また友理で食べたいなぁ〜って思えるようにして頂けたら嬉しいです。

ちょっと、余計なお世話的な文章になっちゃいました。

今日、帰り際に「もう腹いっぱい。しばらく来なくていいわ〜」って言われて、ちょっと複雑な気持ちだったので、つらつらと書いてしまいました。

そして、このブログなんてたぶん見ることはないだろうから、このブログを見た方は是非、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにお伝え下さると助かります。

2人で分けて食べてもいいんだよ。ってね。

ではでは〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする