シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減らす提案をすることも必要かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

木更津の九州ラーメン屋さん。
九州ラーメン友理のまささん(masa_9ramenyuri)です。

週末の土曜日、日曜日。
たくさんのお客さまにご来店頂きました。
お天気悪い中、ご来店下さった皆さんホントにありがとうございまーす!

減らす提案をすることも必要かな?

九州ラーメン友理では、お客さまがお食べ残しになったお料理はお持ち帰り可能です。

スタッフにお申し付け下されば、容器にお入れしてお持ち致します。

IMG_6653

ホルモン焼を残される方多いですね。

IMG_6652

焼きめしも多い。

ご安心下さい。
容器代は無料でサービスさせて頂いてます。

(あえて言うとやらしいですね(笑))

もちろん遠慮なくお申し付け下さいね。
お持ち帰りなさってまで、食べて下さるんですからこんなに嬉しいことはありません。
それに、もったいないですもんね。

さて、
”食べるつもりでご注文されて、でも食べきれなかった。”
こんな場合が多い中、

明らかに食べきれない量を,ご注文されるケースも少なくないように思います。

例えば、

女性二人でいらして、
ラーメン 2つ
焼きめし 2つ
ギョーザ 2つ とか。

ご家族4人(小学校低学年のお子さん2人)で、
ちゃんぽん 3つ
ちゃんぽん大盛 1つ(パパ用)
焼きめし 1つ
ライス  2つ  とか。

杖をついた腰の曲がったおばあちゃんが、
チャーシューメン
ギョーザ     とか。

もちろんもちろん、ヒトは見た目では判断できません。

でも、案の定残す方が多い。

おいしくないと思われたなら、しょうがないけど(笑)

最後のおばあちゃんの例は、この年代の方特有の「見栄」みたいなところがあるので、そういう内面的なもの、習性的なものはしょうがないところがあるけど、

あ、これって結構ありますよね。

うどんも「かけうどん」でいいのに「天ぷらうどん」注文しちゃうとか。
一番安いものを注文しづらい傾向って。

最初の女性二人の場合は、

「焼きめしは量がこれくらいなので、お取り分けされてはいかがですか?」

または、

「焼きめしの大盛ならお二人で食べるのに丁度いいですよ。2つ注文するよりお安いですしね。」

みたいな提案もできる。

2番目の家族も、

「焼きめしをご注文されてますけど、ライスもご注文頂いてよろしいですか?」

と、ひと言いうだけで、ちょっと考えるキッカケにはなると思うし、

「ちゃんぽん結構量がありますけど、お子さん大丈夫ですか?」

って、予めお伝えする事で確認できる。

たくさんご注文頂くことは、その分売上が上がるのでいいことかもしれない。
でも、
お客さまの人数、性別、シチュエーション、、、
こういうことを加味して、お店側が提案して、適切なご注文を頂く事も大事なことではないかなぁ〜。

お客さま、それぞれの事を考えてご提案する。

これも大事なサービスのひとつ。

そんな事を考えた週末でした。

10339756_664850773564233_2766554685810468059_n

でもこの娘は、皿うどん大皿ひとりで食べちゃいます(笑)

写真 2014-07-03 17 51 17

でもこの娘は、いつもライス大盛食べちゃいます(笑)

そろそろ来るかな直加さま。

では。